ワッフルとチャービー

愛知県に住んでいるコーギー犬ワッフルちゃん15歳女の子 ワッフルちゃんは大府市にある、きょうわ動物病院NEXTの 院長先生の愛犬です。 DMと言うコーギー犬特有の変性性脊髄症が発症してしまいました。 痛みを伴わず、ゆっくりと進行する脊髄の病気で後足が動かなくなってきました。 ある日、患者様の愛犬リリーちゃん(コーギー犬)が病院にやってきました。 リリーちゃん2.jpg リリーちゃんは4輪の車椅子に乗っていて 先生がリリーちゃんを見て以前は元気が無かったのに、車椅子に乗っている姿が すごく嬉しそうで、顔つきが全然違うと思ったそうです。 そして、愛犬のワッフルちゃんにも車椅子をとお電話を頂きました。 デザインはカラフルな肉球柄で決定で~す。 ワッフル3.jpg ワッフル4.jpg ワッフル6.jpg ワッフル5.jpg そしてワッフルちゃんに会ってきました(^^♪ 初めは中々歩いてくれなかったけど20分もすると自分で前に 進んでくれました。 ワッフル7.jpg ワッフル9.jpg ワッフルちゃんこれからも看板犬として頑張ってね! 次に紹介するワンちゃんは愛知県に住んでいるコーギー犬のチャービー君です。 チャービー君は2年前に2輪車を購入して頂いたのですが、もう前足も不自由 になってきました。 体重は20㎏オーバーのちょっとぽっちゃりになってしまいました。(^◇^) チャービーママさんは歩けなくても立たせてあげるだけでもと4輪車を プレゼントしてくれました。 デザインはラフ君モデルのカラフルな肉球柄に決定で~す。 チャービー君1.jpg チャービー君2.jpg チャービー君4.jpg チャービー君3.jpg 完成後は前回納品に同行したラフ君が又、納品に行ってきました(^^)/ チャービー3.jpg チャービー2.jpg 「チャービー君また来たワン」 僕も18歳になったけどお互いにもう少しママに面倒掛けるワン