北の国から犬の車椅子

北海道のミニチュアダックス犬  茶々丸君 11才 男の子 先月、歩けなくなったダックスの為に車椅子を作ってあげたくてプラスワンさんの ホームページにたどり着きました。 タイヤはスケルトンのオレンジ色とキリンさん柄 ここまでは決まったのですが フレームの色が決まらないのでお任せ元気カラーで派手にして下さいとリクエスト がありました。 そして数日後、キリン柄パートⅡが完成です。前回のキリン柄を派手目にしてみました。 P1020122.JPG P1020129 (2).JPGP1020131.JPGキリン柄.jpgP1020128.JPG 納品後メールが届きました。 茶々丸.jpg茶々丸2.jpg 天気のいい日は外で歩かせています。 普通、車椅子の犬を見ると「あら可愛そうに」と言われるところですが、 キリンさん(ニックネームです(^_-)-☆だと「あら可愛い」と笑顔で 話しかけてくれるんですよね。 車の運転中でも停めてニコニコしながら見てくれる人も実際多くてプラスワン さんにお願いして本当に良かったと思っています。 有難うございました。 とても癒されるメールも頂き有難うございます。 私たちもよく知らない人からも声をかけられ楽しい気分になります。 ワンちゃんと飼い主さんの心が同時に癒されるのは最高ですよね。 私も数年前、茶々丸君の住んでいる市に行った事があります。 ちょっと車で走るとオホーツク海があり、そこにハマナスの花が 咲いているのを覚えています。私も老後は緑が多い静かな場所で ワンちゃんたちと暮らしたいですね。 まだまだ北海道は雪が多く思う存分乗れないと思いますが、春は もうそこまで来ています。その時は大地を走り回る茶々丸君の写真を 楽しみに待っています。 北海道のミニうさぎ ピロ君 男の子 15才  ピロ君.jpg うさぎでは珍しい程のかなりの高齢です。まだ歩けますが、特に左側が 弱り、座ると左後ろ足が内側に入ります。そのため、転んでしまう事も 多くなり、起き上がれない時もあります。 15才ですが、なんとか最後まで自分で歩く事が出来たらと思っています。 HPで紹介で紹介されているうさぎちゃんを見た時「これは!」と 嬉しく思ったのですが、高齢の為前足も強いとは言えません。 やはり左が弱い感じがあり、右前足で支えている様子です。 その為、うちの場合は前足も補助してあげる必要があるようにも 思います。後ろだけではなく、前足も補助してあげられるような 車椅子を製作する事は可能でしょうか? とお問い合わせがありました。 以前にもうさぎちゃんの2輪の車椅子を製作したことがありますが、 今回は4輪車です。うまく乗れる車椅子が出来るかどうかは 分かりませんが、また、チャレンジしたいと思います。 そしてメールで何度かお話をお伺いしました。 ぴろ君は、日によって、体調によって足の状態も異なります。 車椅子が必要かな・・・という日もあれば、次の日にはまだ要ら ないかなと言う場合もあります。 実は、数年前中型犬(もともと足が悪い)がとうとう立てなくなり 前足は動くので車椅子を作ろうかと、でも残りの時間は短いのであれば 間に合わないのでは・・・と考えていた事がありました。 思い切って注文したのですが、体調が急変し亡くなり、結局車椅子は キャンセルした事があります。もっと早く決断していたら、1日でも 乗せて歩かせてあげられたのに・・・そう後悔しているそうです。 P1020096.JPGP1020085.JPG ですので、今度はもっと早く、必要な時に車椅子があるようにと 思い早めに注文させて頂き、この可愛い車椅子がお守りと なってくれるようにと思っていいるそうです。 そして乗る時が来た時、同じ悩みを持つ飼い主の参考になるよう 又ご連絡を頂ける事になりました。